カラオケ

【必見!】カラオケで安定感を出す9ヶ条!歌、音響、得点、カラオケを網羅するメソッド徹底解説!

カラオケ 安定 感

 

 

歌に安定感ができると、カラオケで
唄うのが楽しくなりますよー!

こんにちは!
元ライブボーカリスト@ウタヲです。

 

@ウタヲ
@ウタヲ
@ウタヲが唄った
カラオケを聴いてみる!

コーラスも@ウタヲが唄っています。

 

さて、この記事に訪問しているあなたは、
カラオケで唄う歌に安定感が欲しいと
思っているのではないでしょうか?

  • カラオケで安定感のある歌を
    唄いたい
  • どのジャンルを唄っても
    安定した上手さが欲しい
  • 採点機能付きのカラオケで
    得点を安定させたい
  • 得点を安定させるのに
    テクニックを充実させたい
  • カラオケ機器の知識を学んで
    音響トラブルを無くしたい
  • 音響を学んで歌に集中したい

このような悩み、全て解決します!

私は以前、ライブハウスや小ホールなどで
本格的にライブ活動をしていました。

練習ではスタジオを使っていたので、
カラオケボックスの音響や、

歌が上手く聞こえるセッティングは、
誰よりも詳しいです。

今回も、ここでしか読めない
情報を提供します!

この記事でわかること
  • カラオケで歌が安定しない
    原因がわかります
  • カラオケで唄う歌の安定感を
    出す方法がわかります
  • カラオケで安定した得点を
    出す方法がわかります
  • カラオケ機器の性能や
    調整方法がわかります
  • カラオケボックスで音響
    トラブルを未然に防げます
  • マイクの特性とテクニックが
    わかります
  • カラオケメーカー別、高得点
    をとる方法がわかります

手っ取り早くカラオケで安定感
を出すには、ボイトレ教室
が圧倒的に効果があるよ!

今なら無料体験レッスン有り!
詳しくは下記の記事で!
▼   ▼   ▼   ▼
【厳選】後悔しないボイトレ
教室の選び方10ヶ条!
信頼できるスクールの
見つけ方を伝授します!

 

カラオケの安定感とは歌の上手さと高得点 獲得のテクニック

 

カラオケの安定感とは歌の上手さと、
採点機能付きのカラオケで高得点を
取れるテクニックを持っていることです。

 

安定感があると聞き手が
落ち着くのよねー!

 

歌の上手さは、あなたの歌を
聴いている人に安心感と感動を
あたえます。

ロングトーン、ビブラート、
こぶしなど、カラオケで高得点
獲得に必要な表現力があると、

人と機械、2つに対して
「歌の上手さと高得点」という
カラオケの安定感ができます。

 

  • 歌の上手さ
  • 高得点を取れるテクニック

この2つが必要!

チキン先生
チキン先生
カラオケで高得点を出す
唄い方だけ知りたい人は
「カラオケで安定感を出す方法
8選!」から読むべし!

 

歌の上手さ

 

カラオケで高得点を獲得するには、
上手さが必要だといいましたね。

では、歌の上手さってなんだろう…

 

歌の上手さねぇ…

こういう疑問がわいてきます。

歌の上手さとは何か?
具体的に詳しく解説している
記事があるので紹介します。

この記事を読むと、
何が上手くて下手なのか、
どうすれば上手くなるのか
わかります!
▼   ▼   ▼   ▼

 

@ウタヲ
@ウタヲ
歌の上手さがわかれば、
練習方法を解説した下記の
記事を読んで練習してね!

 

発声の姿勢、腹式呼吸、発声練習
を詳しく解説しています。

1つ1つ、上から順に練習すると
歌が上手くなるように
なっています。
▼   ▼   ▼

歌の上手さに必要なのは…

  • 声量(せいりょう)
  • 正確な音程
  • 正確なリズム

この3つは歌の上手さの基本です。

この3つに、下記で紹介する
「カラオケで高得点を獲得するテクニック」
を使えば安定して高得点が出ます。

 

カラオケで高得点を獲得するテクニック

 

上記で紹介した…

  • 声量(せいりょう)
  • 正確な音程
  • 正確なリズム

この3つができるようになれば、
次は、カラオケで加点評価となる
項目を練習しましょう。

 

声量・音程・リズム
歌の上手さの基本だな…

 

カラオケで常に高得点を
獲得できる安定感を出すには…

  • 大きな声量を出せる
  • 正確な音程で唄う
  • 正確なリズムで唄う
  • 的確な息継ぎのポイントを
    見きわめる
  • 表現力のテクニックを使う

上記のスキルを身に付け、獲得できる
ポイントで的確にテクニックを
発揮できれば安定感が増します。

 

@ウタヲ
@ウタヲ
カラオケで評価されるのは
実際の歌で使うテクニックより
少ないんだよ!

 

カラオケで安定感のない原因と生活習慣

 

カラオケで安定感がない原因とは…

  1. 声が大きく出せない
  2. 声が安定しない
  3. 音をはずす
  4. 伴奏とのリズムがずれる
  5. 息切れで1フレーズを
    唄い切れない
  6. ロングトーンやビブラート
    が無く表現力がとぼしい

唄っているとき、これらが目立つと、
聞き手に聞いてもらえません。

そして採点でも評価されず
高得点は出ません。

 

ん? 低学歴と低賃金…
カラオケの安定感には
関係ないよね?

 

最後の6番の「表現力がとぼしい」
これ以外は全て日常生活の生活習慣で
改善されるものばかりです。

  1. 声が大きく出せない
  2. 声が安定しない

この2つは、日常生活でもっと感情を
表に出し、大きな声で笑い、

大きな声で会話すると発声に必要な
筋力が向上し改善されます。

 

3番、4番の

  • 音をはずす
  • 伴奏とのリズムがずれる

この2つは、日常生活に音楽鑑賞を
取り入れると正確な音程とリズムが
とれます。

 

そして5番の、

  • 息切れで1フレーズを
    唄い切れない

これは、息継ぎのポイントを
学ぶことで改善されます。

 

もう一つの方法は…

  • 限界まで息を吸い
  • 限界まで吐ききる

深呼吸を取り入れると、肺の容積が
大きくなり肺活量がアップします。

限界まで吸い
限界まで吐ききる!

肺活量アップ!

 

チキン先生
チキン先生
肺活量が上ると、
正確な所で息継ぎできなくても
肺活量で息切れをカバー
できるんじゃ!

 

では、いよいよ下記の章で、
カラオケが上手く唄え安定感を出す方法を
解説します。

 

カラオケで安定感を出す方法9選!

 

カラオケで歌の上手さと共に高得点を
獲得し安定感を出すテクニックとは…

  1. 歌をしっかり覚える
  2. 自分の声域に合わせて選曲する
  3. 大きく響く通る声
  4. 正確な音程
  5. 正確なリズム
  6. 息継ぎ(ブレス)
  7. 歌の安定感
  8. カラオケで高得点に
    必要な表現力
  9. 腹式呼吸

この9つが安定感を出す秘訣です。

 

では、歌の上手さを習得する練習法と
カラオケで高得点をとるために必要な
テクニックを解説します。

 

1. 歌をしっかり覚える

 

しっかり聴いて覚える!

 

歌を完璧に覚えることで、
唄っていても次のフレーズの
音程や歌詞がわかります。

次の展開が頭でイメージできると、
行動に迷いが無く、焦りが
なくなります。

結果的に「ゆとり」が生まれ
落ち着いて唄えるので、

声もしっかり出せ、歌に
安定感が出るのです。

 

@ウタヲ
@ウタヲ
歌詞も暗記すると
さらに安定感が増すよ!

 

2. 自分の声にあった選曲

 

これ、意外に多いんですが、
自分の声で限界の低さ、限界の高さが
わかっていない人が多いんです。

唄いづらい~(泣)

自分の声域に合わない歌を選曲すると
高音で喉声になり聴きづらくなります。

また、低音だと歌声にならず、
お経(おきょう)のような歌に
なってしまいます。

自分の声の限界を知る方法と
上手く唄えるカラオケの

選曲方法を解説した記事が
あります。

あなたの声に合った選曲方法を
身に付けて下さい。
▼   ▼   ▼

 

チキン先生
チキン先生
自分の声を知る、そして選曲!
これは大切じゃ!

 

3. 大きく響く通る声

 

大きく響く通る声が無ければ、
この記事の下記で解説する

「カラオケで高得点に必要な表現力」
の中の「抑揚(よくよう)」が使えません。

声を大きくする
ことから始めるの!

つまり、大きな歌声がなければ、
声に強弱が付けられないのです。

唄う練習で「歌声をつくる」
というのは、最初に
取り組む項目です。

下記で紹介する記事を読んで
正しい発声練習で大きく響き
通る声を手に入れましょう。
▼   ▼   ▼   ▼

 

@ウタヲ
@ウタヲ
発声法が身に付くと
声量を上げる練習で
響く声をつくろう!

@ウタヲが現役時代に、
やっていた声量アップさせる
練習法です。

実績がある練習法なので
必ず声が大きく響く声が
つくれます!
▼   ▼   ▼

歌の上手さには「大きく響く通る声」は
基本なので、是非、この機会に
習得しましょう。

 

チキン先生
チキン先生
大きく響く声は歌の安定感にも
つながるんじゃ!

 

4. 正確な音程

 

正確な音程は、人が聞いて歌が上手いと
判断される基準となる部分です。

カラオケでは採点の基準として得点の
8割以上を占めるのが音程の評価です。

正確な音程…超重要!

音程は、できるだけ原曲の通り、
正確に唄えると、それだけで
90点前後を獲得できます。

原曲をしっかり覚えて正確な音程で
唄えるようにしましょう。

 

正確な音程が取れない

 

これは音感がない…

 

正確な音程を取れない原因は3つ。

  1. 音感がない
  2. 音感はあるが正確な音を
    出せない
  3. 歌を完全に覚えていない

この3つは全て訓練で直ります。

 

時間がかかるのは、
1番の音感(おんかん)が
ない人です。

その理由は、
音感を身に付けるところからスタートし

2番、3番の原因を解決する必要が
あるからです。

まぁ、私は大丈夫だけどね!

2番、3番の人は、
もともと音感がそなわっているので

正しい音を出す発声練習や、
原曲をしっかり覚えるだけで
良いのです。

 

@ウタヲ
@ウタヲ
音感(おんかん)とは、
音の高さや音色を聞きわける
能力のことだよ!

 

チキン先生
チキン先生
俗にいう音痴(おんち)は
音感のない人のことじゃ!
でも、音痴は直るぞ!

 

正確な音程をとれない人は、
歌を唄って音がはずれる原因と
正確な音程をとる方法について

解説した記事があるので、
是非、読んで理解を深めて
下さいね。
▼   ▼   ▼

音感(おんかん)が無い
音痴(おんち)とよばれる人は、

音楽が身近にない環境で
育ってきたことが原因です。

正確な音程をとるためには、日常生活に
音楽鑑賞を取り入れると直ります。

 

5. 正確なリズム

 

リズム感を身に付けよう!

リズムのズレは、曲の持っている
イメージを壊してしまいます。

明るく軽快な曲でリズムが遅れると
違和感をあたえノリが悪くなります。

表現力の1つに、タメ
(少し遅らせて唄いはじめる)

を使い歌詞の印象を強調する
テクニックがあります。

これは、リズムの遅れで
違和感を感じるか感じないかの

ギリギリを狙う高等テクニック
です。

 

@ウタヲ
@ウタヲ
最新の採点システムは、
タメを認識して加点評価
するんだよ!
技術の進歩はすごい!

自信が無ければタメのような
高等テクニックを使う必要はありません。

できるだけ音程バーの通りに唄い
伴奏のリズムに合わせ正確に唄いましょう。

 

正確なリズムも、リズム感がないと
伴奏と歌がズレてしまいます。

チキン先生
チキン先生
リズム感とは、音の鳴る
タイミングを理解する能力の
ことじゃ!

 

正確なリズムが取れない場合

 

リズム感を養おう!

曲に合わせて手拍子がたたけない
正確なリズムが取れない…
こういう人をリズム感がないといいます。

リズム感がない人は、音感の無い人と
同じく、音楽が身近にない環境で
生活してきたことが原因です。

リズム感についての説明と
正確なリズム感を身に付ける

方法を解説している記事が
あります。

こちらを読んでリズム感を
身に付けましょう。
▼   ▼   ▼

 

音感、リズム感がないことを
むずかしく考える必要はありません。

その環境に身を置くと
そなわってくるものです。

チキン先生
チキン先生
日常生活に音楽鑑賞を
取り入れるだけで、音感、
リズム感は身に付くぞ!

 

6. 息継ぎ(ブレス)

 

息継ぎの名人!

 

息継ぎは、歌やカラオケの安定感を
出すには非常に重要な項目です。

カラオケで安定感を出すのに
息継ぎに必要な技術は…

  • 息の吸うポイント
  • 息の吸う強さ
  • 肺活量
  • 息漏れを防ぐ
  • 口呼吸・鼻呼吸

この5つが必要です。

息継ぎについて深く解説した
記事があります。

是非、そちらの記事を
読んで下さい。

ロングトーン、ビブラートが
長く楽に出せるように
なります。
▼   ▼   ▼

 

@ウタヲ
@ウタヲ
息継ぎは、カラオケの採点で
ロングトーン、ビブラートを
左右するテクニックだよ!

 

加点評価の項目なので高得点を狙う人は
しっかりマスターしましょう。

 

7. 歌の安定感

 

歌の安定感は歌声が
安定していないとダメ!

 

カラオケの採点項目の中に
「安定感」という項目があります。

これは、不安定な声や細かい
震えが減点の
対象となります。

 

もちろん、実際の歌でも
声がゆれていたり、不安定な声では
聞き手に不快感をあたえます。

歌声が安定して出せる方法を
解説している記事があるので
紹介します。

この記事で書かれている方法を
練習すれば、カラオケの安定感
は、さらに増すでしょう。
▼   ▼   ▼

チキン先生
チキン先生
歌の安定感は、リラックス
呼気圧、ささえが重要じゃ!

 

カラオケを安定して唄うには、
発声練習で声の安定感をつくると
劇的に良くなります。

 

8. カラオケで高得点に必要な表現力

 

カラオケで高得点に必要な表現力は、
人を感動させるためのテクニックでは
ありません。

カラオケの採点で評価される
テクニックだけを使えばいいのです。

 

採点に必要な表現力

 

カラオケの採点内容では、
音程などの基本の採点に

加点評価されるテクニックが
あります。

 

加点評価とは、基本の採点に
テクニックを入れた分だけ

得点をプラスしてくれる
採点評価のことです。

採点に必要なテクニックは…

  • ロングトーン
  • ビブラート
  • 抑揚(よくよう)
  • しゃくり
  • こぶし
  • フォール

これらをカラオケの音程バーに
表示されている部分に

入れて唄えば加点として
加算される仕組みです。

 

カラオケで高得点を獲得するために
必要な表現力(歌唱テクニック)です。

 

@ウタヲ
@ウタヲ
正確な音程、リズムで唄い、
下記のテクニックで加点を
とれれば、90点以上は
余裕で狙えるよ!

 

では、下記で1つ1つのテクニックを
詳しく解説していきます。

 

ロングトーン

 

ロングトーンとは、フレーズ
(歌のひと区切り)の終わりを

安定して長く伸ばすテクニックです。

 

安定した声をのばすのは
意外に難しいのよ!

 

人が受けるイメージは…

  • スケール感
  • 壮大なイメージ

を与えます。

 

カラオケではフレーズの終わりの
音程バーの切れる部分で長く声を
伸ばすと加点評価され得点が上がります。

 

フレーズの終わりで、
音程バーの切れる赤丸の部分
ロングトーンを入れる

 

チキン先生
チキン先生
加点とは表現力のテクニックを
入れると「音程」「リズム」の
基準採点にテクニックを入れた
回数だけ点数が加算される
システムなんじゃ!

ロングトーンは、ビブラート
にも関わるテクニックです。

安定した声を長く伸ばす方法を
解説している記事があります。

こちらの記事を読んで
理解を深め練習しましょう。
▼   ▼   ▼

 

ロングトーンは、単なる長く伸ばす
歌声というものではありません。

一定の高さと強さで長く安定した
歌声
を出すことです。

 

@ウタヲ
@ウタヲ
安定感がないロングトーンは
逆効果なので、簡単なようで
むずかしいんだよ!

 

ビブラート【基本編】

 

ビブラートは、ロングトーンと同じく
フレーズ(歌のひと区切り)の終わりで

声をゆらしながら長く伸ばす
テクニックです。

 

ビブラートは奥深いのよ!

 

人に与えるイメージは…

  • ビブラートをかけた部分の
    歌詞が強調される
  • 歌にメリハリがつき印象が
    良くなる

 

カラオケでは、
ロングトーンと同じくフレーズの
終わりの音程バーの切れる部分で

声をゆらすと加点評価され得点が
加算されます。

 

フレーズの終わりで、
音程バーの切れる赤丸の部分
ビブラートを入れる

 

ビブラートの効果、種類、
習得方法をどこよりも詳しく
解説した記事を紹介します。

ビブラートの理解を深め、
練習して表現の幅を
広げましょう。
▼   ▼   ▼

ビブラートは、上記の他にも
入れるところがたくさんあります。

 

@ウタヲ
@ウタヲ
原曲と同じ所に入れても、
音程バーにビブラート記号が
表示している所に入れても
いいよ!

最近のカラオケ採点システムでは、
細かいビブラートはNG!

できるだけ大きくゆれる
ビブラートの方が評価されやすいです。

 

ビブラート【応用編】

 

上記でビブラートの基本がマスター
できれば、次は応用編でプロが使う

高度なビブラートテクニックを
習得しましょう。

ビブラート応用編で練習するには、
基本編で…

  • 横隔膜ビブラート
  • 喉ビブラート
  • 下顎(したあご)ビブラート

この3つのビブラートを習得している
ことが大前提です。

プロ顔負けの高度な
ビブラートテクニックの

習得方法を解説した
記事は下記で!
▼   ▼   ▼

@ウタヲ
@ウタヲ
高度なビブラート
テクニックを習得して
聞く人に深い感動を
あたえよう!

 

抑揚(よくよう)

 

抑揚(よくよう)とは、歌に強弱をつけ
メリハリを出すことです。

さらに詳しく説明するなら、
サビで歌が盛り上がるように
強弱をつけることです。

抑揚は理解すれば
できるテクニックなの!

 

この抑揚について詳しい説明と
正しい抑揚の付け方を解説した
記事があります。

こちらを読んで理解を
深めて下さい。
▼   ▼   ▼

抑揚は、方法を学んで実践するだけで
できる時間のかからないテクニックです。

チキン先生
チキン先生
抑揚が身に付けば、君の
歌で聞き手が感動するし、
カラオケで高得点獲得にも
つながるんじゃ!

 

しゃくり

 

しゃくりは、本当の音の高さより
少し低い音から、本来の音へ
しゃくり上げるように出すテクニックです。

 

それは、しゃくれ!

@ウタヲ
@ウタヲ
人に質問する時、最後の
語尾のイントネーションが
上がるでしょ?
そんな感じだよ!

人が聞いて受ける効果は、歌に表情が
出て深みのある感情のこもった
歌になります。

カラオケでは加点評価の
テクニックです。

身に付けていれば高得点を
狙えます。

特殊なテクニックではないので
習得するという大げさな物では
ありません。

 

チキン先生
チキン先生
歌手の唄っているのを
真似て身に付ける練習法で
じゅうぶんじゃ!

 

文章だけでは、
わかりにくいでしょう?

図解と動画で「しゃくり」を
解説している記事があるので
こちらを読んでみて下さい。
▼   ▼   ▼

むずかしい物では無いので、
身に付けておいて損はないはずです。

 

こぶし

 

「こぶし」とは、一瞬で音を震わせる
テクニックです。

歌の効果は、歌にアクセントをつけ
メリハリを出します。

 

昔は、演歌=こぶし
だったけど最近は違うわね!

 

採点機能付きのカラオケでは、
加点評価にあたるので、

「こぶし」の記号のある
ところで使えば「こぶし」を

入れた回数だけ点数が加算
されます。

 

@ウタヲが見本で「こぶし」
を使って唄っています。

動画でも詳しく解説している
ので下記で紹介する記事を
読んで理解を深めて下さい。
▼   ▼   ▼   ▼

 

チキン先生
チキン先生
最近「こぶし」は
色んなジャンルに
使われているぞ!

 

9. 腹式呼吸の習得

 

腹式呼吸が習得できていない人は、
これを機会に是非、習得して下さい。

腹式呼吸を習得するだけで、
息が長つ続くようになります。

したがって、
あなたの歌にゆとりが生まれ、
確実に安定感ができてきます。

ロングトーンやビブラートも
格段に美しくなります。

腹式呼吸のメリットや
習得方法については、

下記で紹介する記事を読んで
下さい。
▼   ▼   ▼

 

@ウタヲ
@ウタヲ
腹式呼吸を習得だけで
あなたの歌がレベルアップ
するよ!

 

カラオケ機器の知識をアップさせる

 

 
知識は無いより
ある方が良いよ!

 

カラオケボックスに設置されている
機器の性能を理解し、上手く

使いこなすことで、あなたの
歌の弱点をカバーします。

 

また、上手く聞こえる
音響セッティングを覚えると、
実力以上に化けることもできます。

 

カラオケボックスでよく起こる…

  • ハウリング
  • 歌声が聞こえにくい

といったトラブルをスムーズに解決する
ことで、自分の歌に専念することも
できるのです。

 

知識として覚えるだけで使えるテクニック
なので覚えていて損はありません。

カラオケボックスについて
カラオケ機器の使い方、

効果など掘り下げた知識を
身に付けるには、

下記で紹介する記事を
読んで下さい
▼   ▼   ▼

 

最近、簡単なバンド練習は
カラオケボックスで
やる人達もいるよ!

 

狭い空間に音楽機器があり、
大音量でクリアな音を出す
という意味では、

カラオケボックスは、
バンド練習用スタジオと同じです。

 

音のセッティングは、バンド経験の
ある人なら得意とするところでしょう。

 

声と伴奏のバランス

 

音量調節は最初にしっかり
やっておくといいよ!

カラオケで調節する設定は…

  • カラオケ全体の音量
  • マイク音量
  • エコー(反響音)

主にこの3つです。

人によって異なりますが、
@ウタヲの場合…

  1. カラオケ全体の音量
  2. マイク音量のバランス

から設定します。

 

カラオケ全体の音量を調節

カラオケの伴奏だけを鳴らし、
小さい音量から少しづつ上げて
いきます。

部屋の中の色んな場所で伴奏を
聴いて、丁度いいと感じた
音量で調整。

@ウタヲ
@ウタヲ
部屋の広さや形で、
場所によって音の
聞こえ方が変わる
んだよ!

 

マイクの音量調節

カラオケの伴奏を鳴らし
実際に唄いながら、
マイクボリュームを調整します。

伴奏を大きく調整すると、
自分の歌声が聞こえません。

正確な音程で唄えないので
注意しましょう。

どちらかといえば、
自分の歌声の方が少し
大きくても良いくらいです。

 

チキン先生
チキン先生
カラオケ全体の音量を
25で調整したら、
マイクボリュームも
25から調整を
始めると良いぞ!

 

 

エコーの調節

エコーはかけすぎると、
もとの声が、はっきり聞こえなく
なります。

少しだけかけるのが基本!

@ウタヲ
@ウタヲ
カラオケ全体を25
マイク音量を25
とすると、エコーは
15~20までで
調整するといいよ!

 

 

DAM、JOYSOUNDなど
カラオケ機器のメーカーによって
調整は微妙に変わります。

 

調整のスタートは上記で紹介した
ボリューム値から始めるとバランスが
極端に崩れることはありません。

 

エコーを上手く使う

 

エコーを上手く使うには、
少しだけ、かけるのが上手い使い方です。

わずかに声が反響して美しく聞こえます。

 

ほんの少しが美しい!

 

エコーをかけすぎると、
もとの歌声が聞こえなくなるので

正確なリズムで唄えなかったり、
音程が取りにくくなります。

 

ハウリング(キーンという金属音)を
起こす原因にもなるので、
少しだけ、かけるようにしましょう。

チキン先生
チキン先生
エコーは少しの方が
効果があるんじゃ!

 

ハウリングの原因

 

ハウリングは
たまらないわよね(泣)

 

ハウリングの原因は…

  1. マイクの拾った音が
    スピーカーから流れる
  2. スピーカーの音をマイクが拾う
  3. マイクの拾った音が
    スピーカーから流れる…

これを無限に繰り返し、音が増幅され
キーンという金属音のハウリングが
発声します。

 

ハウリングの防止策

 

ハウリング防止、
なれると簡単!

 

ハウリングを防止するには…

  • カラオケ全体の音量を
    上げ過ぎない
  • マイクの音量を上げ過ぎない
  • エコーの音量を上げ過ぎない
  • マイクをスピーカーに向けない
  • 使用マイクの本数を減らす

 

音量を上げ過ぎると、わずかな
雑音もマイクが拾い、

その音が増幅されハウリングの
原因になります。

マイクをスピーカーに向けると、
スピーカーから出るわずかな
ノイズをマイクが拾います。

複数のマイクを使うのも
ハウリングを起こす確率が
増えます。

音量やエコーは上げ過ぎず、
使用マイクの本数を減らすのが
ハウリングを未然に防ぐ方法です。

 

@ウタヲ
@ウタヲ
初めてのカラオケボックスでは
音量調整は小さめから調節
するといいよ!

 

マイクの性能を知ろう

 

意外にしらない
マイクの性能!

 

通常、カラオケボックスで設置
されているマイクは、

ダイナミックタイプで、
単一指向性がほとんどです。

 

ダイナミックタイプとは…

マイクに内蔵している振動板が
音で振動します。

その振動が電気信号に変換され
アンプに入力されるタイプ。

単一指向性とは…

マイクの正面の一方向からの
音をひろうのに優れている
タイプのこと

マイクについては下記で紹介
する記事で詳しく解説して
います。
▼   ▼   ▼

 

チキン先生
チキン先生
マイクの性能を理解して
完璧に使いこなすユーザーは
すくないぞ!

 

マイクテクニック

 

マイクテクニックは
経験で身に付く!

 

マイクの使い方しだいで、
上手い歌が、さらに上手く
聞こえたり、

カラオケで高得点を獲得できます。

 

しかし、知らなければ逆の不幸が
あなたを待ち受けているのです。

 

マイクのテクニックや、
弱点を消し、最大の効果を

発揮する応用テクニックを
解説した記事があります。

下記で紹介する記事を読んで、
最大の効果を体感して下さい。
▼   ▼   ▼   ▼

 

@ウタヲ
@ウタヲ
マイクテクニックの応用編は
@ウタヲがライブで不調のとき
使っていた裏技だよ!

 

カラオケメーカー別 採点内容

 

カラオケの採点基準の割合は、
メーカーによって若干ことなります。

  • 音程
  • リズム
  • 抑揚(よくよう)
  • ロングトーン
  • ビブラート
  • こぶし
  • しゃくり
  • フォール

この8つが採点に関わるテクニックですが
どのメーカーや機種でも、

共通して言えることは、「音程」が
占める割合が大きということです。

では、カラオケの代表的なメーカーである
DAMとJOYSOUNDの採点内容について
解説します。

 

DAM

 

業界シェアNO,1。

第一興商が提供する、
業務用通信カラオケシリーズのブランド。

原曲に近いクオリティの高い
伴奏が特徴です。

最新モデルはAI機能を搭載した
「精密採点Ai」です。

引用元:DAM 精密採点Ai

 

高得点を出すには、
「音程」を正確に唄うことが重要。

 

また、少し「音程」がズレても、
それ以外の表現力のテクニックで、

加点を多く獲得すれば高得点を
取れるケースがあります。

 

DAMの最新モデル、
「精密採点Ai」の採点内容と

高得点をとるコツを解説した
記事があるので読んで下さい
▼   ▼   ▼   ▼

 

チキン先生
チキン先生
上記の記事を読めば
DAM精密採点Aiで高得点を
とれるぞ!

 

JOYSOUND

 

業界シェア第2位。
株式会社エクシングが提供する
業務用通信カラオケシリーズのブランド。

JOYSOUNDの採点は、
DAMの採点よりも少し甘めの設定です。

「音程」の重要性と総合得点の
占める割合はDAMと同じ。

最新モデルはAI機能を搭載した
「分析採点AI」です。

 

引用元:JOYSOUND 分析採点AI

 

JOYSOUNDの最新モデル
「分析採点AI」の採点内容と

高得点をとるコツを解説した
記事があるので読んで下さい
▼   ▼   ▼   ▼

@ウタヲ
@ウタヲ
上記の記事を読むと
DAM、JOYSOUND
2つの最新採点システムで
高得点がとれるよ!

 

カラオケボックスで唄う前の準備

 

カラオケで高得点を取るためには、
声をベストに出せるように準備を
する必要があります。

ベストな状態で唄うには
ウオーミングアップや
準備運動が必要!

 

カラオケを唄う前にベストな
状態で声を出すための準備を
解説した記事があります。

下記で紹介する記事を読んで
実践して下さい。

違う自分に出会えるよ!
▼   ▼   ▼

 

チキン先生
チキン先生
残念なことに、
ほとんどの人は、唄う前、
準備をしないんじゃ!

 

@ウタヲ
@ウタヲ
上記の記事の通りに
準備すると、驚くほど
声が出ることに気付くよ!

 

高得点をとれる選曲

 

音程のアップダウンが
大きい曲はNG!

 

極端なアップダウンの大きい曲や
変則的なリズムの曲を選曲すると、

正確な音程やリズムをはずす確率が
高くなります。

 

高得点を優先するなら…

  • 音程のアップダウンが
    少ない曲
  • 単純なリズムの曲
  • 自分の声に合った曲

これらを考えて選曲するとミスが
出にくく高得点がとりやすいです。

 

高得点をとるための選曲方法
を詳しく解説した記事が
あります。

下記の記事を読んで下さい。
▼   ▼   ▼   ▼

 

チキン先生
チキン先生
高得点をとるには、
選曲がすべてじゃ!

 

まとめ

 

今回は、歌の上手さの安定感と
カラオケの得点の安定感について
解説しました。

では、おさらいしましょう。

  • カラオケで安定感を出すには
    歌の上手さと高得点をとる
    テクニックが必要
  • 安定感の無いのは、音感、
    リズム感、息継ぎや肺活量が
    無いことが原因
  • 安定感に必要な8つは、
    歌を覚える、自分の声に
    合った歌、声量、音感、
    リズム感、歌の安定感、
    表現力、この8つが必要
  • カラオケ機器の知識は
    トラブルを防ぎ、
    歌に集中できる
  • DAM、JOYSOUND、
    それぞれ採点内容が変わるが
    音程の重要性は同じである
  • カラオケで唄う前にしっかり
    準備をすると声がよく出て
    高得点を取りやすくなる

カラオケで安定性が出てくると、
急なお誘いで焦ることもなく、

余裕で唄い高得点を取ることが
できます。

歌の上手さの習得には時間がかかります。

日頃から、コツコツ練習するのが
上手くなる近道です。